ちりめんじゃことしらすの違い - 淡路たまねぎや淡路牛・淡路島ちりめんじゃこ等の通販|淡路産直販店

ちりめんじゃことしらすの違い

ちりめんじゃことしらすの違い

ちりめんじゃことしらすの違い

ちりめんじゃことしらすの違い

どんな料理にも活用することができるちりめんじゃこですが、しらすと何が違うのか疑問に感じることがあります。
こちらではちりめんじゃことしらすの違いについて説明しています。

乾燥の程度で名称が変わる

ちりめんじゃこもしらすも共通している部分が、イワシの稚魚を使用しているという点です。
イワシと言ってもいくつか種類があり、ちりめんじゃこやしらすにはカタクチイワシが使われています。季節によっては、ウルメイワシやマイワシを使用することもあります。

ちりめんじゃことしらすが異なるのは乾燥の程度であり、しっかりと乾燥させたものをちりめんじゃこ、釜茹でのみをしらすと呼びます。またちりめんじゃことしらすの中間にはしらす干しがあり、乾燥度はちりめんじゃこ、しらす干し、しらすの順番で低くなります。

地方で呼び方が異なる

しらすのことをちりめんじゃこと呼ぶ地域もあり、他にもじゃこやちりめんと呼ぶ場合もあります。地方によって使い分けをしており、ちりめんじゃこは主に東日本で使用されることが多いとされています。また乾燥の程度だけでなく、大きさによっても呼び方が変わる地域もあります。

釜揚げしらすのことを釜揚げちりめんと呼ぶ地域もありますし、しらすをちりめんじゃこと呼ぶ地域では、しらす干しもちりめんじゃこと呼びます。ちりめんじゃことしらすを区別していない地域では硬さで呼び方を区別しており、硬いものをちりめんじゃこと呼び、柔らかいものをちりめんと呼び分けています。

瀬戸内海で水揚げされたちりめんじゃこを通販で購入されたい方は淡路産直販店でお買い求めください。様々な料理に活用できますので、料理のバリエーションが広がります。ちりめんじゃこだけでなく淡路島で生産されたたまねぎや淡路島のりなどの直売もしており、淡路島から厳選された商品を販売しています。毎日の食卓やお土産としてちりめんじゃこやたまねぎを購入されたい方は、お気軽にご利用ください。

 

Closed MyPage