たまねぎを保存する時のポイント - 淡路たまねぎや淡路牛・淡路島ちりめんじゃこ等の通販|淡路産直販店

たまねぎを保存する時のポイント

たまねぎを保存する時のポイント

たまねぎを保存する時のポイント

たまねぎを保存する時のポイント

たまねぎは様々な料理に活用できる食材ですので、買い貯めしている方は多くいらっしゃいます。たまねぎは長期保存することができる食材ですが、保存方法にこだわることでさらに保存期間を長く、美味しさを保った状態にすることができます。こちらではたまねぎを保存する時のポイントについてご説明します。

保存場所について

たまねぎは収穫後に一定期間乾燥させることによって、風味や栄養が増します。そのため、たまねぎを保存する際は湿気対策を行う必要があります。湿気対策を行わずに保存してしまうと根が出てきてしまい、風味や栄養を低下させてしまいます。

たまねぎを冷蔵庫の野菜室で保存される方も多いですが、野菜室の湿度は高く設定されているので、冷蔵庫での保存は避けた方が良いです。たまねぎを保存する時は、風通しの良い日陰がおすすめです。

身近なアイテムを使って保存する

たまねぎの保存方法におすすめなのが、風通しが良く直射日光が当たらない場所に吊して保存する方法です。吊す時にはストッキングやみかんネットに一玉ずつ入れましょう。まとめて入れると隙間に湿気が留まることもあります。

また、一つでも腐ったたまねぎがあると周りのたまねぎの成長も促進してしまうので、すぐに取り除けるようにすると安心です。カゴにまとめて保存する方法もあり、カゴを使って保存する場合はたまねぎを一玉ずつ新聞紙で包んで湿気対策を行い、風通しの良い場所で保存すると良いでしょう。

調理してから保存する

たまねぎは調理方法によって風味が変わり、じっくり炒めると旨みやコクが出ますし、素早く炒めると甘味が出ます。みじん切りや薄切りなど使用用途に合わせて調理をして、使う分をラップなどで包んで冷凍保存すると、長期保存することができます。

淡路産直販店では通販で淡路たまねぎの販売を行っています。温暖な淡路島で作られた淡路たまねぎは、甘さとみずみずしさが特徴で、多くのお客様からご好評をいただいています。栽培方法にもこだわっており、有機肥料の使用や生産者を限定することで高品質の淡路たまねぎを生産することが可能となっています。淡路で生産された新玉ねぎを購入されたい方はぜひお買い求めください。

 

Closed MyPage