ちりめんじゃこの豆知識 - 淡路たまねぎや淡路牛・淡路島ちりめんじゃこ等の通販|淡路産直販店

ちりめんじゃこの豆知識

ちりめんじゃこの豆知識

ちりめんじゃこの豆知識

ちりめんじゃこの豆知識

シラス干しを関西地方では、ちりめんじゃこといいます。このちりめんじゃこに関する様々な豆知識を集めてみました。

じゃことは

瀬戸内海の豊かな海では、昔から多くの海人や漁師たちが活躍しています。そして淡路島は御食国として、皇室や朝廷に海水産物を提供する役割を担っていました。その中には真いわし、うるめいわし、片口いわしなど、いわし類の稚魚もあります。これらは体が半透明であったため、シラス(白子)と呼ばれます。また、小さな魚は雑魚(ざこ)ともいいます。関西では雑魚を煮干して、ダシをとるのが一般的です。特に京都や奈良などの内陸部では、長期保存が可能な干物の需要がありました。そのため雑魚の日干しがなまって「じゃこ」や「おじゃこ」などというようになりました。これに対し関東ではシラス干しをそのまま食べる風習があります。

ちりめんとは

縮緬と書き、京都の西陣織が有名な縮れた絹織物のことで、高級織物として人気を博しました。じゃこを天日干しした光景が、ちりめんを広げたように見えたので、ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)と呼ぶようになったそうです。関東のシラス干しは、食べやすいように細くて柔らかいものが好まれるのに対し、関西のちりめんじゃこは、ダシをとって食べるため、太くて乾燥しているものが好まれます。ちりめんじゃこはネーミングがオシャレで、料理に欠かせない食材だったのです。

子どものおやつに

ちりめんじゃこは頭から尾まで、骨ごと全部食べられます。栄養が豊富で美味しいので、子どものおやつにぴったりです。カルシウムが豊富で、ふりかけの要領で手軽に食べられます。ご飯の上にちりめんじゃこをまぶすと、数千から数百のお魚を食べることになります。また、酢の物や和え物に使ったり、レモンや梅干しと合わせたりして、食べるのもおすすめです。カルシウムが体内に吸収されやすくなるので、おすすめです。

淡路島産のちりめんじゃこをお求めなら、淡路産直販店をご利用ください。通販サイトで直売品を販売しているので、お取り寄せやお土産としてご活用ください。淡路島の近海や瀬戸内海は潮の流れが速くて、様々な海流がぶつかるという特徴があります。そのためシラスの漁獲量も多く、手作業による最高級のちりめんじゃこも淡路島で作られています。

 

Closed MyPage