いかなごの豆知識 - 淡路たまねぎや淡路牛・淡路島ちりめんじゃこ等の通販|淡路産直販店

いかなごの豆知識

いかなごの豆知識

いかなごの豆知識

ご飯に合う料理は数多く存在しますが、いかなごのくぎ煮もご飯に合う料理の1つです。いかなごのくぎ煮は生姜や砂糖、醤油で生のしらすを煮詰めたものであり、完成した時に釘が折れたような形状していることからくぎ煮と言われています。こちらではくぎ煮に使用されるいかなごの豆知識について説明しています。

いかなごとは

いかなごはスズキ目のいかなご科に属する魚であり、漢字で書くと玉筋魚と書きます。いかなごはカマスと形状が似ていることもあり、カマスゴとよばれることもあります。幅広い地域に分布しており、地方で呼び方が異なります。いかなごという名前の由来は色々ありますが、いかなる魚の子といった意味や糸のように細い魚といった由来からいかなごという名前がついたと言われています。

いかなごの生態について

体の形は槍のように細くなっており、体長も25cmまで成長すると言われています。いかなごは浅い海で、海底が砂礫や砂である場所に生息しています。体の色は腹部が銀白色で背部が青褐色をしており、砂に潜って夏眠をするために、腹びれはなく背びれが長いのが特徴です。秋になるといかなごが活動を再開し、冬になると綺麗な海に産卵を行います。

いかなご漁について

いかなご漁は常に行われているのではなく、主に2月下旬から3月上旬に漁が盛んに行われます。
いかなごは潮目に集まる習性があり、潮目にはいかなごのエサであるプランクトンが多く集まります。漁を行う時には3隻の船で行い、2隻の船を使って網を曳いていきます。残りの1隻が探知機などでいかなごの探索、収穫したいかなごの運搬を行います。様々な調査や検査によって、毎年解禁日が定められるため、春を知らせる風物詩のひとつでもあります。

いかなごのくぎ煮をお取り寄せされる際は、淡路産直販店の通販をご利用ください。自宅で楽しむ用としてだけでなく、お土産としてもおすすめです。淡路産直販店では、いかなごのくぎ煮だけでなく淡路島産の人気商品を豊富に販売しています。淡路島産の商品を堪能されたい方はぜひお買い求めください。


 

Closed MyPage